studio FAVORI(スタジオ ファボリ) studio FAVORI(スタジオ ファボリ)では革製品を一から手作りし、販売しています。経年変化が楽しめることで人気のタンニンレザーで、バッグや財布、ペンケース、名刺入れ、パスケースなどの小物までシンプルなデザインでお作りしています。ギフトボックスやラッピングもご用意しているので、プレゼントにもおすすめです。

暮らしの綴り | 好きな洋服を繕う。

 

こんにちは。studio FAVORIのゆうです。

 

 

今回は作品紹介ではなく、日々の記録と考えたことを少し。

 

 

まず書き始める前提として、私はお洒落が大好きです。
したがってお洋服も好き。

 

ただし流行を追うことはなく、自分の感性に響くものだけを選んでいます。

 

今回書くのは、そんな大好きなお洋服たちとの付き合い方のこと。

この時代、コーディネートのスナップはそこらに溢れていますが、今日はそういうものではなく、私のお洋服の選び方やその後のことをまとめてみます。

 

 

そしてそれは、自然とstudio FAVORIというブランド観にも繋がります。

 

 

 

 

 

着ることは「自分の世界観」の表現

 

ものづくりを始めたのはもう15年ほど前のことになりますが、お洒落に目覚めたのは意外とつい数年前。

 

ファッション系の専門学校に入学したことが、特に大きな要因だったように思います。

 

同級生も先輩も、バラバラの個性をみんなファッションで表現していました。
それは学校に通うだけで大きな刺激になり、私も自ずと追究するように。

 

それと同時に、自分の世界観に気付いていきます

 

もともと「自分のものづくりで人を喜ばせたい」と思っていた私としては、それは必然の流れだったのかもしれません。

 

 

ブランドを構築する上で、世界観を作り込むのは必須の作業。

それと同時に洋服に興味を持てたのは、必然の流れだったとはいえ運が良かったな、と今では思います。

 

そこからは自分の好きなものがなんなのか、どんどん明確になっていきました。

例えば、ぴかぴかの新品よりも使い込まれたストーリーのあるもの。流行よりも経年の愛着。物質の素材感。空白。

 

 

 

 

無駄がないことで、木肌や生地の素材本来の表情がデザインとして生かされた空間。

こういうのが刺さるんです。

 

そういう感覚は、まさにstudio FAVORIというブランドにも反映されています。

 

 

 

 

 

洋服の選び方

 

 

「自分の世界観」が見えたことで、着るものの選び方も随分定着しました。

 

洋服は自分の心が本当に好きだと思うものを選んでいます。

 

冒頭でトレンドは追わない派と書きましたが、これはアンチトレンドということではなく、流行のものでも自分が好きだと思うものならあり◎、という意味合い。

 

そういうお洋服ばかりが集まったクローゼットは、眺めるだけでときめきさえ感じます。

 

 

具体的に私の好きなお洋服というのは、ディテールまで抜け目ないもの、素材からこだわっているもの、作り手の想いやストーリーが見えるもの、などなど。

 

要素としては様々ありますが、数年先まで大切に着られるかどうかが大前提になっています。

基本的には、今シーズン着られれば…とか、とりあえず今年はこれで…と言う選び方はしません。

 

少しの綻びなら自分で直してでも着たい、と思えるものを厳選しています。

 

 

 

 

 

繕ってきた洋服たち

 

 

そうして選ばれた洋服たちは永く着られ、ときにはお直しが必要になることも。

 

ここではその一部をほんの少しご紹介(自慢)してみます🏌️‍♀️

 

 

 

 

こちらは長らく大好きなAMBIDEXさんのfig londonというブランドのベルト付きデニムパンツ。

 

もともとバックルがパンツと共生地でできていましたが、見ての通り履き込むうちにバックル自体破損してしまいました。

 

 

 

 

そこにサイズの合う新しい真鍮バックルを。
表情に違いが出て、より一層愛着が湧きます。

 

真鍮生地のバッグルの経年変化も愉しみです○

 

 

 

お次はトラディショナルなチェックが素敵な、古着のパンツ。こちらは彼氏のもので、お直しをお願いされました。

 

 

 

 

やはり古着ということで、もともと擦れて傷んでいたお尻付近の生地に、ついに限界が。

 

そこに表から色の違う生地を当て、ミシンでステッチを重ねました。

 

 

あまり目立たない部分なので、これくらいしてもいいかな〜と大胆にお直ししました。
なかなかいい感じです🌝

 

 

 

最後はセットアップの、これまたパンツのお直し。

 

 

 

 

(履いたまま繕うズボラっぷりよ……)

 

 

もともと細い糸でまつられていた裾が、ほつれてきてしまっていました。

 

そこをまつり直し、もとの姿に。

 

 

 

 

この日は蛍光イエローのカラーソックスとコーディネートしました🧦

 

ジャケットのセットアップとローファーの合わせて少し堅い印象だったので、色味でカジュアルなアクセントをプラス。

 

 

こんなふうにお気に入りの洋服たちを繕いながら、大切に着続けています。

 

 

 

 

 

日常着からブランドインスピレーションを得る

 

お洒落や繕いものは趣味として在りますが、これは自然な流れでstudio FAVORIのブランド観にも繋がっています。

 

実際、Instagramで作品をご紹介するときの着用画像のコーディネートは、私自身かなり楽しんでいます💃

 

シンプルで引き立つ素材感、永く使うことで生まれる愛着。

 

これは自分で楽しむお洒落にも、studio FAVORIのコンセプトにも通ずることです。

楽しみながら世界観を追求する。

 

そんな贅沢な営みをこれからも続けていくつもりなので、着用画像にもぜひ注目してもらえたらと思います。

 

 

 

 

 

 

studio FAVORIの革ものは、通販でお取り扱いしております。

 

 

online shopはこちらから◎


関連情報

コメントは受け付けていません。