studio FAVORI(スタジオ ファボリ) studio FAVORI(スタジオ ファボリ)では革製品を一から手作りし、販売しています。経年変化が楽しめることで人気のタンニンレザーで、バッグや財布、ペンケース、名刺入れ、パスケースなどの小物までシンプルなデザインでお作りしています。ギフトボックスやラッピングもご用意しているので、プレゼントにもおすすめです。

revival◎ | 現金会計をスマートに。小銭が見える長財布

 

 

こんにちは。studio FAVORIのゆうです。

 

 

いつもこのブログを読んでくださっている皆さま、この度はご迷惑をおかけしました…Instagramのストーリーでもお知らせしましたが、多忙というか私の段取りの下手さで昨日更新予定だったものを今日にまわしてきました。

 

年末でバタついているとはいえ、今後は(できる限り)こういうことがないように精進してまいります🧎‍♀️

 

 

 

さて今日は新作、というより復刻品という扱いになるでしょうか。そんな革ものをご紹介していきます。

 

先週に引き続き新しいもののご紹介。

 

studio FAVORIの革ものは今後も増やしていくつもりなので、ぜひご期待ください🕺

 

 

 

 

 

「小銭が見える長財布」を復刻します

 

 

 

再三になりますが、まず今回ご紹介するのは新作ではなく復刻するお品

 

ブランド運営をはじめたばかりのときに作っていたお財布が好評だったので、リニューアルして復活させることにしました。

 

 

 

 

その名の通り、このお財布の最大の特徴は、一般的な長財布よりも小銭が「見える」ことです。

上の写真のように、閉じている時は通常のお財布となんら変わりありません。が………

 

 

 

 

このように、中身は小銭ポケットががばっと開く仕様に。

 

こうすることでレジ前で焦ることなく、スマートに小銭を出すことができます。

 

レジでの現金会計で後ろに並んだ人たちを待たせる、あの緊張感と焦り…感じたことのある方は少なくないはずですよね🦧

それを解決することができるお財布となっています。

 

 

そして前作より大きくリニューアルしたのがカードポケットの仕様。

 

 

 

 

蛇腹状になったポケットが6つあります。

 

こちらはカードを縦に仕舞うつくりになっています。

 

 

 

 

かなりゆとりのあるポケットが2箇所あってそちらには3、4枚ほどのカードが入りそうなので、合計で10枚程度のカードを持ち歩くことができます。

 

容量たっぷりで文句なし、といったところです◎

 

 

 

 

 

「小さい」長財布

 

 

さらにもう1つ、このお財布の横幅はなんと17cm

 

普段気にしない人はピンとこないかもしれませんが、一般的に市場出回る長財布の横幅は20cmほどであることが多いのです。

 

それに対して、この長財布では一番大きい紙幣である1万円札(横幅16cm)が、ぎりぎりスムーズに出し入れできるサイズを追求しました。

 

 

 

 

小さな鞄が好まれるこの頃、それでも長財布を持ちたい!という方におすすめです。

 

また、掌が小さい女性の方が手取ったときにしっくりくるサイズ感でもあります。

 

まだまだ長財布を好む女性も多いかと思うので、ギフトとしてもぴったりですよ◎

 

 

 

 

ただしかなりジャストサイズで作っているので、普段一万円札をたくさん持ち歩くという方にはおすすめできません(もちろん数枚程度なら○)。

千円、五千円札はゆとりがありますのでご安心を。

 

 

 

 

 

イタリアンレザーと真鍮金具

 

 

「小銭が見える長財布」をリデザインするにあたり、ずっと気になっていた真鍮金具を使ってみることにしました。

 

それがハトメオコシというもの。

 

 

 

 

L字に折れている真鍮棒をおこしてフタを開ける、非常にシンプルな金具です。

 

構造はシンプルながら、削りだしという技法で作られた金具は素材感たっぷりで贅沢な佇まい。

 

真鍮棒はバネ式なのでぱちんぱちんと動きのキレがよく、開け閉めが楽しくなってしまいます。

 

 

そして使用した革は「横向きの二つ折り財布」と同じイタリアンレザー“MAINE”。

 

 

 

 

色展開も同じくクリーム、クラウド、スミクロの3色となります。

 

ちなみに二つ折り財布の詳細はこちらからご覧いただけます、ぜひ(ライムは在庫限りで、順次クリームに変更予定です)。

 

 

横向きの二つ折り財布

 

蛇腹のカードポケットや小銭ポケットのマチ、フラップの形状など、実は二つ折り財布の意匠を取り入れている部分がたくさんあります。

 

「横向きの二つ折り財布」と「小銭が見える長財布」は、親戚みたいな位置付けだったりもするんですよ👯‍♀️

 

 

最初はふっくらとした見た目ですが、使い続けるとオイルが馴染んで折り癖も定着し、本体そのものが薄くなっていきます。

 

 

 

 

コバもしっかりと磨き上げて、横からの表情もうつくしく。

 

 

 

 

こちらも1月のHMJにお待ちする予定なので、ぜひお手に取って見ていただけたら嬉しいです🐿

 

新年に向けたお財布新調を考える方も少なくないかと思います。この機会にぜひ。

 

 

 

 

 

information

 

 

studio FAVORI初のイベント出展が決まっています。

 

今回ご紹介した長財布だけでなくたくさんの革ものをお待ちする予定なので、実際に手に取って見てみたいという方はぜひチェックを!

 

 

何もかもがはじめてなので、気合を入れて準備を進めています。

詳細は以下をご覧ください。

 

 


 

 

 

HandMade In Japan Fes 冬(2022)

 

期日:2022/1/22(土)、23(日)

時間:11:00~18:00

 

場所:東京ビッグサイト西1・2ホール
ブース番号《E-87》

 


 

ㅤㅤ
前売り券の販売はすでに始まっているようです。
当日券よりお得にお求めいただけるのでお見逃しなく🌝

 

 

はじめての対面での販売。

お手伝いくん🐕と私のふたりで両日ともお待ちしております。

 

作品を実際手に取ることの喜びを感じていただけるように頑張ります。

 

革ものもほとんどのアイテムをご用意する予定なので、ぜひ足をお運びくださいませ🏃‍♂️

 

 

 

 

online shopはこちらから◎

 

 

関連情報

コメントは受け付けていません。